読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり国語教室のブログ

愛知県犬山市にある小さな国語教室です。目標は塾のいらない子を育てることです。

文末の「から」に気をつけよう【作文】

作文の入門として、この教室では一番シンプルな4行作文の練習をします。

4行作文とは、

 

① 意見

② 理由(できるだけ短く)

③ ②で書いた理由を詳しく説明

④ まとめ(もう一度意見)

 

というものです。

正確には4行ではなくて4文ですね。

この項目を満たしながら自分の意見を文にしていきます。

たとえば、

 

①私は早く大人になりたいです。

②なぜならできることが増えるからです。

③大人になると働いて自分で好きなものが買えます。

④だから早く大人になりたいです。

 

というように書きます。

 

2番目で書いた「できること」というざっくりした内容を、3番目の文でどんなことなのか明らかにします。

作文が苦手な子でも4つの項目を満たすだけなので、比較的まとまった形の文が書けます。

この基本の型をマスターした子は、さらに他の型や応用バージョンを組み合わせて、徐々に長い文も書ける様にしていきます。

 

この練習をするにあたって、約束していることがあります。

それは

「~からです。」を使うのは②番だけ!

ということです。

小学生の多くは、とにかく文の終わりに「から」をつけたがります。

長い作文を書いて、半分以上の文に「から」がついている子もいました。

でも、助詞「から」は原因や理由を表すときに使うものです。

理由をあらわしている文は②番だけですよね?

 

型を使って文を書くと、ひとつひとつの文の役割が明確になるというメリットがあります。

文の役割を意識しながら、それにふさわしい言葉や内容を選んでいけるといいなあと思います。